Photo

​研究室が誇る国際連携のネットワーク

IMG_7968.jpg

​Public Sector Audit Appointments

​英国では2010年の Audit Commission の廃止以降、地方自治体等の外部監査人の選任はPSAAが担っています。PSAAの理事長である Steve Freer 氏(左)と事務総長の Tony Crawley 氏は、10年以上の本研究室の研究パートナーです。

DSCN111.jpg

UK Inspection Links

Michael Hughes 博士(左)と Howard Davis​ は英国を代表する Inspection の研究者です。お二人ともにバーミンガム近郊に住居され、研究室のメンバーと定期的な研究交流を重ねています。

IMG_6582.JPG

​Edinburgh Business School

​研究室全体の大師匠といえるエジンバラ大学の Stephen Osborne 教授(左)とDavid Hatherly 名誉教授。Osborne 教授はヨーロッパを代表する公共サービスの研究者で、IRSPMの共同創設者のお一人です。Hatherly 名誉教授は、監査証拠論研究の世界的権威で、エジンバラ大学の会計グループを長くリードされていました。

IMG_7584.jpg

​Worcestershire County Council

Michael Hudson CFO は、長く Audit Commission で勤務され、現在はウスターシャー県で英国地方自治法第151条に規定される財政局長(前列左から2人目)を務めておられます。後列右から二人目の John Raine 名誉教授(バーミンガム大学)は、ウスターシャー県の県会議員と県内のマルバンヒルズ市の市会議員を兼任されています。

Tobias.jpg

​St. AndrewsUniversity

​Tbias Jung 博士は世界的な博愛資本主義(Philanthrocapitalism) の研究者です。2018年には日本を訪問されて、ベンチャーフィランソロフィーやSIBなどの知見を日本に定着されました。日本や世界が抱える多くの社会的な問題の解決は、役所の力だけで解決できるものではありません。官と民の連携による共創が求められる今日、博愛資本主義の研究は、公共領域におけるほぼすべての研究領域と関連性を有しています。

European Court of Audit

European Court of Auditors ECA

​欧州連合 (EU) は執行機関である欧州委員会のもとに欧州監査委員会 (ECA) を設置し、EUにおける予算執行の適正性を監視しています。ECAには直接の措置権限はありませんが、厳格な監査と報告がなされており、予算執行に大きな問題があると指摘された1999年当時のサンテールを委員長とする欧州委員会は、総辞職しました。写真中央のDr. Peter Welch 氏は、欧州監査委員会第1局の局長を務めています。また、CIPFAの本部理事でもあります。

IMG_1255.jpg

Kent Business School

Kent Business School には、公共部門の会計分野で著名な研究者が複数在籍されています。Dr. Epameinondas Katsikas は、統合報告と管理会計の融合を公共部門を対象に論理展開される研究を推進されています。また、トヨタ自動車の生産方式を研究対象に、ヨーロッパ会計学会で研究報告をされています。中央は Dean (当時) の Martin Meyer 博士です。

IMG_5125.JPG

Board of Audit and Inspection of Korea

​監査 (audit) と検査 (inspection) は、もともと全く異なる概念ですが、わが国ではこの両者が混同されています。韓国監査検査院は両方の概念をその名称に組み込んでい。左から一人目は Hansei University の Dr. Young-honn Ahnで、二人目は韓国監査検査院調査研究所長の Dr Hee-Jeong Park です。

P7060418.JPG

UK Connections

​CIPFA の前事務総長 Steve Freer 氏の私邸に集まった英国の公共部門の関係者です。本研究室のメンバーも多数参加させていただいた Party で、数多くの英国関係者との連携が実現しました。写真の中には、英国労働党の国会議員もおいでになります。また、Steve Freer 氏の奥様の Dame Yve Buckland 氏は、BIrmingham の Ashton University の Pro-Chancellor (副総長:学長の上位者) です。

DSCN2379.JPG

Scotland Hungary Bangladesh Links

​本研究室では、研究活動の国際展開を強く意識しています。時には複数の研究者が同時に関西学院大学に来日されます。写真は Hungary から来日された Marton Gellen 博士と、エジンバラ大学の Stephen Osborne 教授。それに関西学院大学の同僚(バングラデッシュ)のご家族とのスナップショットです。